Return to site

髪質とヘアカラー

前原

こんにちは。

FIX-UP SHIBUYAの前原です。

今回もヘアカラーについてです。

今まで美容室で、

「〇〇さんは染まりにくいですね!」

とか

「明るくなりにくいです!」

とか

「色が抜けやすいですね!」

など告げられたことはありませんか?

一人一人髪質が違い、それはヘアカラーにも影響します!

今回はその特徴の傾向についてです!

※あくまで統計的な傾向です。

 全てを一概には言えませんので、ご了承ください。

髪の色素というのはそもそも、

髪の毛根に一つ一つにある毛母細胞(髪の毛を作る細胞)の

メラノサイト(色素生成細胞)がメラニン色素を作り、

髪の毛に取り込まれたいくことで黒髪になります。

この生成されるメラニンは2種類あり、

ユーメラニンフェオメラニンと言います。

ユーメラニンは、黒色メラニンとも言われ、濃い色素を持ってます!

黒人の方の髪の毛に多く含まれています!

フェオメラニンは、黄色メラニンと言われ、髪の毛は金髪に近くなります!

白人の方の髪の毛に多く含まれています!

日本人(アジア人)は、その両方を持っている混合型の為、肌は黄色く、髪は黒から茶色となっています!

その色素のバランスや量が髪色に影響しています!

両方含まれている日本人の中でも、ユーメラニン(黒色メラニン)の比較的多い方少ない方の2種で今回は比較させていただきます!

ユーメラニンの多い方

髪の毛の硬くてしっかりしている方は、ユーメラニンが多いことが多いです!

・メラニンが濃い(多い)為、明るくなりにくい。

・髪色が赤くなりやすい。(ブリーチの際もオレンジが残りやすい。)

・寒色系カラーの色が出にくい。

・暖色系カラーの色が出やすい。

・色持ちが良い。

・カラーによってダメージしにくい。

ユーメラニンの少ない方

軟毛で髪の毛の柔らかい方は、ユーメラニンが少ないことが多いです!

・メラニンが薄い(少ない)為、明るくなりやすい。

・黄色く抜けやすい。

・寒色系カラーの色が出やすい。

・暖色系カラーの色が抜けやすい。

・色持ちが良くない。

・カラーによってダメージしやすい。

最初にもお伝えしましたが、あくまで統計的な傾向です。

この傾向が全てではございません。

私は先日、軟毛で色素薄い系の髪質でアッシュがきれいに出やすいのに、髪の毛が丈夫で全然ダメージしにくい新規のお客様に出会いました。

100人いれば髪質は100通りなので、あくまで傾向という感じです。

本来2分することはできません。

「自分の髪はどんな髪質なんだろう」

「自分の髪にはどんなカラーが合っているのだろう」

と思われた方。

私、前原は、ヘアカラーに合わせて、ヘアケアも勉強していますので、

普段のお悩みも含めて髪質の診断とご相談をさせていただきます。

気軽にご連絡ください!

ご予約は、ホームページかホットペッパーから承っております!

インスタグラムとツイッターもやっていますので、ぜひチェックしてみてください!

よろしくどうぞ!

前原

追記

前原の趣味趣向により、掲載している画像の方向性に多少の偏りがあるかもしれません。

ご了承ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK